×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『Charlotte(シャーロット)』大切な何かを失うとしても、少年は運命に立ち向かう。麻枝准が描く、青春を駆け巡る能力者たちの物語――。~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『星ノ海学園』メンバー紹介


乙坂 有宇(おとさか ゆう)- 内山昂輝

■他人の身体を乗っ取る能力者
制約は5秒という持続時間、視界内の相手のみという有効対象、元の身体の意識喪失。
美男子だが腹黒い性格ゆえ、能力をカンニングや誑かしに悪用し、エリート高校・陽野森高校主席入学及び学園マドンナとの接近といったエセ優等生生活を謳歌していたところを奈緒達に看破され、能力の有用性から星ノ海学園に生徒会メンバーとして編入させられた。
離婚した母親が親権を遠方に住むおじに渡したため、妹・歩未と二人暮らし。
星ノ海学園に編入してからは、学園に併設されたマンションで暮らしている。
生徒会活動には奈緒に巻き込まれる形で参加し、メンバーと共に能力者たちに出会い解決していく。
実は「略奪」の能力者であり、他人の身体に乗り移って乗っ取ると共に、乗っ取った対象が特殊能力者であった場合、その能力を自分の物として奪い取る事が出来る。
兄・隼翼の存在と共に、前泊の記憶消去を受けて忘れていたが、友利に連れて行かれた『ZHIEND』のライブで思い出す。



友利 奈緒(ともり なお)- 佐倉綾音

■星ノ海学園生徒会長
「不可視」の能力者で、制約は一度に1人という有効対象。
普段はほとんど無表情で淡々とした口調で話すミステリアスな美少女。
同じ生徒会の有宇らの前では「~っす」「~っしょ」とくだけた口調になったり、高城にはツッコミを入れたりする。
生徒会活動の特質上、常に状況記録(及び脅迫)のためハンディカム(カムコーダ)を携帯している。
成績優秀で、国立付属中学への入学が決まっていたが、金に目が眩んだ母の勧めで兄・一希と共に能力者研究施設付属の全寮制学校に売られ、変わり果てた一希との再会で全ての真実を知り逃走。
その後隼翼との出会いを経て現在に至り、廃人となった一希を見舞いながら能力者を守るべく生徒会活動に従事している。
一希と共にポストロックバンド・『ZHIEND』のファン。
過去の経緯から、明晰な頭脳と強い使命感を以って生徒会活動をこなしているが、公衆の面前での脅迫・暴力など手段を選ばないため、周囲からは素行不良扱いされ生徒会員以外との交流はゼロ。



高城 丈士朗(たかじょう じょうじろう)- 水島大宙

■「瞬間(超高速)移動」の能力者
制約は真っ直ぐ進む事しかできないこと。
故に静止・方向転換ができず、移動した跡や自分の身体には運動エネルギーによる被害がもたらされることとなる。
能力発動によるバックファイアで病院送りになり兼ねないことから、身体を鍛えたり、制服の下にプロテクターを仕込んだりと安全対策を施している。
奈緒の数少ない理解者であるが、負荷のかかる能力をこき使われたり、暴力による制裁を受けたりとあまりロクな扱いをされていない。
西森柚咲のディープなファンで、かなり詳しいだけでなく言動がおかしくなるほど。





西森 柚咲(にしもり ゆさ)- 内田真礼

■ロックバンド「How-Low-Hello」のボーカルを務める人気アイドル
愛称ゆさりん。
本名は「黒羽 柚咲(くろばね ゆさ)」であり、アイドルとしては物々しいとの提案によって「西森」という芸名を付けられている。
「口寄せ」の能力者で、制約は亡姉・美砂しか憑依させられないことと、能力発動の主導権が美砂にしかないことであるがゆえに、自らの能力に関して全く自覚がなく、多重人格や居眠り病と誤認している。
瞳の色が普段は青だが、美砂憑依時には赤に変わる。
芸能人らしく作り物めいた美貌と、明るくもかなり天然な言動が特徴。
おまじないシリーズと言う情報番組で行っていた64種+1のおまじないがある。
偶然テレビ局大物プロデューサーのスマートフォンを拾ったことで、彼が裏で悪事を働いていたことを知り、口封じのため狙われるはめになってしまい、美砂のヤンキー仲間に匿われ逃げ回っていたが、彼女を追ってやってきた生徒会の活躍によって問題は解決。
星ノ海学園に転校し生徒会メンバー入りする。



黒羽 美砂(くろばね みさ)- 内田真礼

■柚咲の亡姉
柚咲とは歳は一つ上で、柚咲に憑依する形でのみ現世で活動可能。
なお顕現の主導権が美砂にあるため、柚咲の能力が消えない限り彼女の都合で勝手に現れてくる。
「発火」の能力者で、死霊であるが故に柚咲に憑依している際しか使用できないものの、発火・消火も自由自在と作中では珍しく不便な制約が単体では存在しない。
生前は筋金入りのヤンキーで、死因も柚咲初登場の半年前に、原付での二ケツを行ったことによる事故死であった。
そのため表情も口調も奈緒と張り合うほど凶悪だが、妹や仲間を大切にするなど根は優しい。
「センスがない」が口癖。



乙坂 歩未(おとさか あゆみ)- 麻倉もも

■中学1年生の有宇の妹
きょうだいは特殊能力者となりやすいという例に漏れず、周囲の建造物を文字通り崩壊させる「崩壊」の能力を無自覚ながら秘めている。
純真な性格で星とロックバンド「How-Low-Hello」が好き。
「なのですぅ」や「なのでござる」などの特徴的な語尾で話す。
兄と共に星ノ海学園へ転入する。
有宇が幼い頃好きだった乙坂家秘伝のピザソースを隠し味に使った料理ばかりを作る。
鼻血を出して興奮する程の西森柚咲の大ファン。
前泊の記憶消去を受けているが、時折隼翼らしき家族の存在を断片的に思い出すことがある。





乙坂 隼翼(おとさか しゅんすけ)- 小野大輔

■「タイムリープ」の能力者
制約は目に光が差していなければ能力発動ができないことと、能力使用の度に少しずつ視力を失っていくこと。
奈緒や熊耳らを率いて、特殊能力者を守る活動をしている元締的存在。
「最初」の時間軸においてはその能力から研究者達に拘束・幽閉されていたが、歩未の能力覚醒に伴い決起した有宇によって解放されタイムリープに成功。
その後完全に視力を失うまでタイムリープを繰り返した末、仲間とともに莫大な財を為し星ノ海学園を作り上げた。
学園設立後は裏で暗躍する存在として、山中に建造した特殊能力研究施設たる秘密基地の中で指揮を執っている。
前泊に命じて有宇と歩未から自分の存在を記憶消去させていた。



熊耳(くまがみ)- 竹本英史

■「特殊能力者発見」の能力者
地図に水滴を垂らすことで、他能力者の能力内容や位置を特定することができる。
表に出ることのできない隼翼の代わりに、能力者を守る組織を広げる任を受けていることから、身分を隠すために能力の制約と偽って、顔を隠す程の茶色い長髪かつ常にずぶ濡れという怪しい風体をしている。
なお素顔は美形。
隼翼からは「くまのプーさん」からとって「プー」と呼ばれる。



目時(めどき)- 瀬戸麻沙美

■「催眠」の能力者
目から念を放ち対象を強制的に眠らせることが可能だが、制約として能力使用後自分も眠りに陥るため、一度に1人か2人しか眠らせることができない。
現在は学園ではなく前泊、七野とともに隼翼の研究所に在籍している。



前泊(まえどまり)- 花江夏樹

■「記憶消去」の能力者
一次的接触によって対象の記憶を探り、ピンポイントで狙った部分を消去することができる。
制約は記憶の捜索に接触が不可欠なことと、長い時間を要することであり、実用性は薄い。
穏やかな性格。
隼翼の指示により有宇、歩未から隼翼に関する記憶を消去している。
現在は隼翼の研究所に在籍している。



七野(しちの)- 河西健吾

■「透過」の能力者
壁などをすり抜けて移動することができる。
制約は能力使用時の大きな体力消耗。
血気盛んな性格で、隼翼や有宇のことは快く思っていない。
タイムリープ前の時間軸においては、有宇の決起時に合流し、透過能力を引き渡した後射殺された。
現在は隼翼の研究所に在籍している。





堤内(つつみうち)- 西村知道佳

■能力者の研究施設研究員
白髪の年老いた科学者。
「最初」の時間軸では能力者の研究施設で働いていたが、有宇の脱走を手助けする。
現在は隼翼の研究所で特殊能力の発症を防ぐワクチンの開発製造を行っている。



Sara Shane(サラ・シェーン)- 沢城みゆき/歌 - marina

■ポストロックバンド『ZHIEND』の作曲兼ヴォーカリスト
赤い長髪の外国人で、日本でヒットした経験もあることから日本語が堪能。
後天的な全盲であり、他人の声色や息遣いから精神状態を感じ取る能力に長けている。
気っ風の良い姉御肌であり、他者への思いやりに溢れる好人物。
モダン焼きやコロッケ蕎麦のようなジャンクフードが好物。
日本でのライブ前日に偶然有宇と出会い意気投合する。
バンドのフロントマンを夢見て以降、遅咲きのデビューながらも本人曰く「ズル」をしたことで大スターとなり、人間の欲や金の奔流に巻き込まれたことでスター歌手から小さなバンドのフロントマンへと落ち着いたという経緯を、言葉を濁しながら語った。
その後有宇の依頼から一希の病室を訪れ、自らの歌を聴かせることで彼の理性を一部回復に導いた。



友利 一希(ともり かずき)- 興津和幸

■奈緒の兄
バンド活動をしていたが、空気を自由に振動させられる能力に目覚めた事を周囲に知られ、強制的に転入させられた末科学者達の実験台にされ、精神が壊れてしまった。
その後解放されており、隼翼によって病院に無償で移されている。
その後は回復の見込みもないまま入院生活を送っており、鎮静剤が切れる毎に叫び声をあげながら布団を破き散らす「作曲」を繰り返していた。
しかし有宇の判断で面会に訪れたサラの歌を聴いたことで、奈緒の事を認識できる程度に理性が僅かに回復した。



PR


PR


映画情報

女性のための出会い


『お名前.com』


「黒執事」Blu-ray BOX


PR


フィギュア情報


俺の妹がこんなに可愛いわけがない
黒猫 ・・なわけがないver.



PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

PR


【Amazon.co.jp限定】けいおん! Blu-ray BOX